*

小説の書き方.comについて

みなさん、はじめまして。
サイト管理人の野鈴つづる(のべるつづる) と申します。

突然ですが2013年3月、ひとつの決断を下しました。

 

「よし、小説でも書いて、新人賞をとろう」

 

とはいえ、私はべつに小説家ではありません。
夢と希望に満ちあふれる高校生でもありません。
時間とお金を持て余すリタイア組でもありません。

私は、一般企業に勤めるしがないサラリーマンです。
会社のためにあくせくと働く、アラサー世代です。
妻と子どもを支えながら、ローンと子育てに追われる毎日です。

 

理系。
英語が苦手。
歴史も苦手。
国語の成績は3。
お小遣い制。(10000円)
年下の妻のいいなり。

時間もない、お金もない、自由もない。
こんな典型的なサラリーマンでも小説が書けるのか?
そして新人賞をとるなんてことが、本当に可能なのか?

 

いや、そんなことは誰もが無理だと言うでしょう。
片手間でやるような、そんな甘いもんじゃないぞと。

でも、決めたんです。

今まで小説なんて一度も書いたことがないですし、
どう書けばいいのかすら、実はまったくわかりません。

でも、決めたんです。
小説を書いて新人賞をとるって。

 

「小説の書き方.com」は、私と同じく小説を書きたいと思っている
あなたと一緒に、小説の書き方をゼロから勉強していくサイト
です。

小説を書くにあたっての基本ルールやテクニックはもちろん、
実際の作品から私が学んだり考えたりしたことも紹介します。

 

記事に対するご意見や感想もお気軽にお聞かせください。
すべて読ませていただいた上で、興味深いものについては
記事の中でご紹介させていただきたいと思っています。

それではさっそく、一緒に小説の書き方を勉強しましょう!

—————————-

twitter → 小説の書き方.com

ad


公開日:
最終更新日:2013/04/08

ad

売れる作家の全技術
Vol.24 副詞は使っていいのかダメなのか

副詞とは簡単に言うと、「すぐに」「もっと」「なぜなら」など、動詞や形容

売れる作家の全技術
Vol.23 物語のタイムテーブルは確認用として使いなさい

ストーリーを作るときに考えておかなくてはいけないことの1つに、物語のタ

売れる作家の全技術
Vol.22 人が読んで面白いと思う小説の条件とは

面白い小説とは何か、という問題は、世界中の小説家にとってもっとも難しい

売れる作家の全技術
Vol.21 お決まりパターンはデメリットではない

オリジナリティを出そうとすると、どうしても"お決まりパターン"を避けて

Fake/五十嵐貴久
Fake/五十嵐貴久

『Fake』は、読み終わった時の感動が強く、いまだに忘れられない作品の

→もっと見る

PAGE TOP ↑