*

Vol.13 「通行人A」が物語に厚みをもたせる

公開日: : 最終更新日:2013/05/24 大沢在昌さんに学ぶ , , ,

ad


軽い気持ちで登場させていいキャラクターなんか、いないんですね。

 

「通行人A 」や「客B」など、名前すらつかないキャラクターであっても、必ずその場面にいる理由があるわけです。(略)この理由は、必ずしも物語の中に出てくる必要はないのですが、作者にはちゃんとその理由がわかっていなければいけません。(引用元:売れる作家の全技術/大沢在昌/角川書店)

 

どんな物語にでも一人くらい、「通行人A」 みたいなちょい役って、ストーリー上、どうしても必要になってくるはずなんですよね。そしてたいていの場合は、とても短い、ささやかな役回りを与えられるだけだと思うんです。

でもこの時、ちょい役だからといって、作者までが適当に扱ってしまってはいけない。たかが通行人A でも、立派な一人の人間なんですね。その人がそこを通っていることにも、きちんとした理由があってのはずだ、というわけです。

そこまできちんと設定しておくことで、物語に厚みもでるし、全体の論理的な整合性もとりやすくなります。

 

しかし私はこの教えのポイントは、物語の中に出てくる必要はないけれど、という部分だと思っています。逆にいうと、「しっかり考えろ。でも物語には出すな。」とも読めます。

せっかく考えたアイデアや設定だからといって、物語の中で書きたくなってしまうのが人間の心理というものです。でも、あえて書かない。書かない部分は、その人物の行動や言動にさりげなく反映させる。間接的に。きっとその積み重ねが、物語の奥行き、深みになっているような気がします。

 

さらにこれは、リアリティにも大きく影響するのだろうと予想します。もし、ちょい役を適当に書いていたとすると、読んでいる人にはその適当さがバレてしまうと思うんですね。なんか変だな、ちょっとおかしいぞ、って。

そうすると、本筋とは関係のないところで読者に気を使わせてしまって、どんなに面白いストーリーであっても、台無しになってしまう危険性がある。素人さんの小説を見させていただいても、この違和感を感じることが、多々あります。すごくもったいないですし、こういうことがあっては、新人賞は絶対にとれないと思います。

 

大沢さんが何度も繰り返していますが、手を抜かないこと。簡単な言葉ですが、やはり、これにつきるのだと改めて思いました。

ad

関連記事

売れる作家の全技術

Vol.22 人が読んで面白いと思う小説の条件とは

面白い小説とは何か、という問題は、世界中の小説家にとってもっとも難しいテーマのひとつです。ところがこ

記事を読む

売れる作家の全技術

Vol.10 キャラクターがストーリーを作る。

ただの"読者"であった私にとって、とても衝撃的な記述がありました。   ストー

記事を読む

売れる作家の全技術

Vol.12 新人賞には悪人が必要

簡単そうに見えて、でも実は難しいというアドバイスが出てきました。   いい人だ

記事を読む

売れる作家の全技術

Vol.18 こどもが主人公でも、大人の文章を書けばいい

10代の主人公なのに、言葉や考え方がやけに大人っぽいことがよくあります。現実的じゃないよなぁ、なんて

記事を読む

売れる作家の全技術

Vol.23 物語のタイムテーブルは確認用として使いなさい

ストーリーを作るときに考えておかなくてはいけないことの1つに、物語のタイムテーブルがあります。

記事を読む

売れる作家の全技術

Vol.24 副詞は使っていいのかダメなのか

副詞とは簡単に言うと、「すぐに」「もっと」「なぜなら」など、動詞や形容詞の前につけて修飾する言葉のこ

記事を読む

売れる作家の全技術

Vol.20 一人称で自分の能力がわかる

この本の中で最も多い指摘のひとつが、視点の乱れに関するものでした。特に、基本となる一人称の書き方につ

記事を読む

売れる作家の全技術

Vol.19 「隠す会話」のテクニックを使いなさい

小説では、会話の使い方が重要なポイントであることは明らかです。キャラクターを育てるのも会話ですし、ス

記事を読む

売れる作家の全技術

Vol.14 スタニスラフスキー・システム

ちょい役の「通行人A」に、どうやって深みを与えるのか。演劇の世界で有名な、ある方法を紹介してくれてい

記事を読む

売れる作家の全技術

Vol.15 人物描写で楽をしてはいけない

何も考えないと、やってしまいがちなこと。ああそうか、と思わず唸ってしまったアドバイスです。 &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

売れる作家の全技術
Vol.24 副詞は使っていいのかダメなのか

副詞とは簡単に言うと、「すぐに」「もっと」「なぜなら」など、動詞や形容

売れる作家の全技術
Vol.23 物語のタイムテーブルは確認用として使いなさい

ストーリーを作るときに考えておかなくてはいけないことの1つに、物語のタ

売れる作家の全技術
Vol.22 人が読んで面白いと思う小説の条件とは

面白い小説とは何か、という問題は、世界中の小説家にとってもっとも難しい

売れる作家の全技術
Vol.21 お決まりパターンはデメリットではない

オリジナリティを出そうとすると、どうしても"お決まりパターン"を避けて

Fake/五十嵐貴久
Fake/五十嵐貴久

『Fake』は、読み終わった時の感動が強く、いまだに忘れられない作品の

→もっと見る

PAGE TOP ↑