*

Vol.7 大沢在昌さんに学ぶ。

公開日: : 最終更新日:2013/04/24 大沢在昌さんに学ぶ ,

ad


書きたいジャンルを決めたので、さっそくストーリーを考えて……といきたいところですが、何事も焦りは禁物です。まずは最低限の基礎知識と、信頼できる人の教えが必要です。

 

ということで、さっそく一冊の本を買いました。

売れる作家の全技術/大沢在昌』 角川書店

売れる作家の全技術

大沢在昌(おおさわありまさ)。ミステリー界の大御所にして、推理作家協会の元理事長でもある大先生ですね。そんな彼が、全10回の講義形式で、”売れる作家になるためにはどうあるべきか“を丁寧かつ真剣に教えてくれる、という本です。

 

購入する前に中を少しだけ見てみたのですが、どのページにも勉強になりそうな言葉がたくさん書かれていて、これはもう買うしかないと即決しました。

小説を書くにあたっての技術的なことはもちろん、小説を書くために必要な心構えや考え方、日々の生活がどうあるべきかなどについても言及されていているようです。

 

まずはこの本を読み、よく考え、できれば実践してみる。それによって、一つでも二つでも、自分のものにできればいいなと思います。次回の更新から、実際にこの本から学んだことを、私なりに解釈して記録していきたいと思います。

ad

関連記事

売れる作家の全技術

Vol.12 新人賞には悪人が必要

簡単そうに見えて、でも実は難しいというアドバイスが出てきました。   いい人だ

記事を読む

売れる作家の全技術

Vol.20 一人称で自分の能力がわかる

この本の中で最も多い指摘のひとつが、視点の乱れに関するものでした。特に、基本となる一人称の書き方につ

記事を読む

売れる作家の全技術

Vol.9 偏差値の高い新人賞を目指せ。

以前から私も想像していたことではありますが、代弁するかのように大沢在昌さんがこの本の冒頭で、ずばり言

記事を読む

売れる作家の全技術

Vol.22 人が読んで面白いと思う小説の条件とは

面白い小説とは何か、という問題は、世界中の小説家にとってもっとも難しいテーマのひとつです。ところがこ

記事を読む

売れる作家の全技術

Vol.24 副詞は使っていいのかダメなのか

副詞とは簡単に言うと、「すぐに」「もっと」「なぜなら」など、動詞や形容詞の前につけて修飾する言葉のこ

記事を読む

売れる作家の全技術

Vol.16 主人公に変化のない物語は人を動かさない

小説とは、人の心を動かしてこそ名作となりえます。では、小説で人の心を動かすとは、つまりどういうことな

記事を読む

売れる作家の全技術

Vol.11 魅力的なキャラクターの作り方

キャラクターの重要性は理解したとして、ではどのように作ればいいのか。これについても大沢さんは大胆にも

記事を読む

売れる作家の全技術

Vol.21 お決まりパターンはデメリットではない

オリジナリティを出そうとすると、どうしても"お決まりパターン"を避けてしまいたくなります。でも、どう

記事を読む

売れる作家の全技術

Vol.13 「通行人A」が物語に厚みをもたせる

軽い気持ちで登場させていいキャラクターなんか、いないんですね。   「通行人A

記事を読む

売れる作家の全技術

Vol.23 物語のタイムテーブルは確認用として使いなさい

ストーリーを作るときに考えておかなくてはいけないことの1つに、物語のタイムテーブルがあります。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

売れる作家の全技術
Vol.24 副詞は使っていいのかダメなのか

副詞とは簡単に言うと、「すぐに」「もっと」「なぜなら」など、動詞や形容

売れる作家の全技術
Vol.23 物語のタイムテーブルは確認用として使いなさい

ストーリーを作るときに考えておかなくてはいけないことの1つに、物語のタ

売れる作家の全技術
Vol.22 人が読んで面白いと思う小説の条件とは

面白い小説とは何か、という問題は、世界中の小説家にとってもっとも難しい

売れる作家の全技術
Vol.21 お決まりパターンはデメリットではない

オリジナリティを出そうとすると、どうしても"お決まりパターン"を避けて

Fake/五十嵐貴久
Fake/五十嵐貴久

『Fake』は、読み終わった時の感動が強く、いまだに忘れられない作品の

→もっと見る

PAGE TOP ↑